TOKYO MARUEI

総合貸衣裳 東京丸栄

  • tel.0235-24-7899
  • 0120-97-0165

 衣裳の用語集

振袖

振袖 (ふりそで)

主に未婚女性用の祭礼や儀礼的な場合で着用する正装の晴れ着です。

袖の長さにより、大振袖・中振袖・小振袖があり、袖丈の長いものは、大振袖と呼ばれています。

留袖

留袖 (とめそで)

留袖は既婚婦人の第一礼装。結婚前の女性は振袖、結婚したら留袖が第一礼装とされています。特に、黒留袖はどんなに格式の高い場においても、他の装いに負けません。

正式には、後ろに三つ、胸に二つの五つ紋が正しく、三つ紋になると準礼装となります。素材は光らないもので、紋は白抜き、模様は腰から下に置きます。衿が重ね着のように見える比翼仕立てにします。

尚、色留袖も五つ紋だと第一礼装となり、ちなみに天皇陛下が主催する「園遊会」は色留袖が指定となっています。

打掛 (うちかけ)

打掛は宮廷に仕える、高貴な女性の衣裳をまねたものといわれています。

室町時代に入ってから裕福な町屋が武家にあやかって婚礼衣裳に使いだしたのが起源といわれています。

絢爛豪華な彩りのものが多く、晴れの日にふさわしい華麗なうつくしさは、まさに伝統の和装美、町民文化の傑作といえます。

白無垢 (しろむく)

白無垢を着てお嫁入りするということは、相手の家風の、どんな色にも染まりますようにということと、神に対して、純真無垢になる誓いの意味があります。

オーガンジー打掛

薄くて軽く、透明感と特有の張り感がある生地の打掛のことです。

打掛を気軽に着たい方におすすめです。